1. ホーム
  2. イベント
  3. ガラスの器と静物画 山野アンダーソン陽子と18 人の画家

【開催中】

ガラスの器と静物画 山野アンダーソン陽子と18 人の画家

タグ>
アート / カルチャー / 展示会・展覧会
このイベントに行きたい!:
  • -人

スウェーデン、日本、ドイツのアーティストによるガラスの器と静物画、写真からなるユニークな展覧会を開催します。2018年、スウェーデン在住のガラス作家・山野アンダーソン陽子の発案で、山野が作ったガラスの器を18人の画家が静物画に描く「Glass Tableware in Still Life」プロジェクトが始まりました。古くから身近なガラスという素材を媒介に、山野とさまざまな文化的背景をもつ画家たちは、言葉とイメージを通じた対話を経て作品を制作しました。ガラスの器と静物画、写真家の三部正博が画家のアトリエで撮り下ろした写真などで構成され、空間全体でアーティストたちの物語をつむぐような展覧会に、どうぞご期待ください。

◆関連イベントについて
申込が必要なイベントは、電話・メールにて受付
件名にイベント名、本文中に氏名・参加人数電話番号・子どもの年齢(ファミリーツアーのみ)を書いて送信ください。
☎096-278-7500/mail: gamadas@camk.or.jp

イベント情報
開催日時
2024年07月13日(土)2024年09月23日(月)
10:00~20:00
*入場は19:30 まで
火曜日休館
会場 熊本市現代美術館
熊本市現代美術館・ギャラリーⅠ・Ⅱ
住所 熊本市中央区上通町2-3
アクセス びぷれす熊日会館(通町筋(とおりちょうすじ)電停またはバス停より徒歩1分)3階
※電車通り側のエスカレーター又はエレベーターで3階にお上がり下さい。
料金 観覧料:一般1,300(1,100)円、シニア1,000(800) 円、学生(高校生以上)800(600) 円中学生以下無料
*各種障害者手帳をご提示の方と付き添いの方1 名無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等)
*( )内は前売/ 20 名以上の団体/電車・バス 1 日乗車券、 JAF 会員証、市電緑のじゅうたんサポーター証/熊本県立美術館友の会証をご提示の方。
*前売り券は7 月12 日(金)まで販売。
*チケット取扱:熊本市現代美術館
お問い合わせ先

熊本市現代美術館

TEL 0962787500

リンク
ご注意事項 ◆関連イベントについて
①オープニングトーク 
7 月13 日(土)13:30-15:00
登壇者:山野アンダーソン陽子・三部正博・須山悠里
会場:ホームギャラリー
定員:90 名 *先着順参加費:無料

②CAMK ファミリーツアー
0-6 歳の子どもと家族、友人の皆さんと一緒にゆっくりと展覧会を楽しむツアー。
7 月15 日(月・祝)10:30‒11:30
会場:ギャラリーⅠ・Ⅱ
定員:7 組 *事前申込制参加費:展覧会観覧料(大人のみ)

③ワークショップ 目で見る、カメラで見る
一眼レフデジタルカメラと4×5 フィルムカメラを使って、モノクロームの「ガラスの器のある風景」を撮影します。
7 月28 日(日)10:30-16:00
講師:三部正博(写真家/出品作家)
会場:キッズファクトリー(集合)/館内(撮影)参加費:2000 円/人
対象:10 歳以上どなたでも
定員:約10 名 *事前申込制*カメラ、モチーフは美術館が用意します。
*途中、各自で昼食をとっていただきます。弁当持参可。
*フィルム撮影した写真は、現像して後日ネガとコンタクトシートをお渡しします。

イベントを投稿する

主催者様からのご投稿に限らせて頂きます。

このイベントをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利にイベント情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット