1. ホーム
  2. イベント
  3. 2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展                          きっかけは「彫刻」。 ―近代から現代までの日本の彫刻と立体造形

【開催中】

2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展                          きっかけは「彫刻」。 ―近代から現代までの日本の彫刻と立体造形

タグ>
アート
このイベントに行きたい!:
  • -人

本展は、「彫刻」という概念が誕生した明治期から、ロダンの影響、大正期から昭和初期の多様な展開、そして戦後の現代美術からたちあがった立体造形、さらには近代日本彫刻史を踏まえ発展していった現代彫刻までを、東京国立近代美術館のコレクションより、それぞれの時代を象徴する代表作から通観するものです。

ロダンに多大な影響を受けた高村光太郎や荻原守衛、中原悌二郎をはじめ、木彫の世界を広げた平櫛田中や橋本平八、第二次大戦後の現代美術で存在を示した舟越保武、向井良吉、三木富雄から1980 年代の表現までを通観し、近代日本に新しく発生した「彫刻」という概念が、各時代を代表する作家達にどのような刺激を与え創造を促したのか、作家達はキャリアを通じて「彫刻」をどのように解釈し、何に重きを置き立体として制作したのかを探ります。

熊本県下では、近代日本彫刻をテーマにした大規模な企画展は初めての開催です。本展が、教科書やメディアを通じて知っていた「あの名品」の本当の魅力を紹介する機会となれば幸いです。

イベント情報
開催日時
2019年09月21日(土)2019年11月24日(日)
10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)

休館日:火曜日
(ただし10月22日(火祝)は開館し、翌日休館)
会場 熊本市現代美術館
住所 熊本市中央区上通町2-3
料金 【企画展・CAMKコレクション展との共通観覧料】
一般: 1,000(800)円
シニア(65歳以上): 800(600)円
学生(高校生以上): 500(400)円
中学生以下: 無料

*( )内は前売/20名以上の団体/各種障害者手帳、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証/各種障害者手帳をお持ちの方の付き添い者1名、美術館友の会証をご提示の方無料(1展覧会につき1回限り)
** 10月12日(土)は開館記念日のため入場無料。
お問い合わせ先

熊本市現代美術館

TEL 096-278-7500

メール メールを送る

URL https://www.camk.jp/exhibition/sculpture/

リンク

イベントを投稿する

主催者様からのご投稿に限らせて頂きます。

このイベントをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利にイベント情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット